2022年6月22日水曜日

エクアドルで激化する抗議活動     事業に大きな影響

エクアドル先住民連盟(CONAIE)による燃料価格の上昇をはじめとする物価高騰などに対する抗議デモが激化し、6月17日夜ラッソ大統領は、コトパクシ県、ピチンチャ県及びインバブラ県を対象とした30日間の非常事態宣言を発令しました。上記3県においては集会の自由の権利が制限され、またキト都市圏においては、6月18日以降夜10時から翌朝5時まで、保健衛生、警察・治安関係者等以外は外出禁止となっています。23日までに3名の死者と90人以上の怪我人が出たようです。

カヤンベの学校も全て対面での授業がなくなり、キト支部の奨学生担当のヘネシスさんからも外出できない状態でみんな自宅待機だと連絡が来ています。JICA事業は今月いっぱいの予定ですが、残念ながらこのまま年度末を迎えることになりそうです。

写真はカヤンベスタッフのヘルマンから送られてきたカヤンベ中心地の様子です。

サンパブロウルコ村のウンベルトフィエロ校の教師アントニオさんからは学校の給食の様子が送られてきました。村の外には出られないけれども学校での菜園や給食は通常通り行われているようです。やはりこの学校は地元の先生が多いのでこういう時には強いですね。







第3回ワークショップのお知らせ


 

2022年6月19日日曜日

第2回SDGsワークショップ

 6月18日のワークショップは、普段飲んでいるコーヒーに関わる生産と労働、環境の問題、輸出入、生産者と労働者の関わりなど、多くの問題についてSDGs(持続可能な開発のための17の目標)と照らし合わせて確認をしていきました。

前回から進んで、より詳しくSDGsの各項目をコーヒーを通して確認できました。

参加者はグループに分かれて、講師の指示に従って議論し、それぞれの意見をまとめて発表します。中には元大手のコーヒーメーカーに勤めていた方も!(ちなみにこの会社はカヤンベにも大きな工場を持っています)

最後に、サネの杉田より実際にサネの活動地に近いコーヒーの産地インタグの話をさせていただきました。ここは鉱山(銅)の開発をしないで豊かな山の自然を守るために人々がコーヒー栽培を始めた地域です。人々はこれまで何度も開発の危機にさらされながらも自然を守り自分たちの始めたコーヒー栽培を守るために頑張ってきました。このコーヒーが日本に送られ、私たちの口に入っているわけです。


当日はその場で豆を挽いてコーヒーを淹れ、飲んでいただきました。

次回はこれまでの2回のワークショップを踏まえていよいよサネの実際の事業について考えていきます。7月10日です。皆様のご参加をお持ちしています。

2022年6月5日日曜日

エクアドルからこんにちは3 カヤンベウンベルトフィエロ校を訪問

日曜日にカヤンベに移動し、現地スタッフと共に事業校での最後の講座を行っています。

1日目はサンパブロウルコ村のウンベルトフィエロ校を訪問しました。

写真は教室で熱心に勉強する子ども達の様子です。図形の授業で定規を使って四角形を書いていました。



最後の講習会のテーマは、現在行っている学校菜園と給食を事業後も継続していくために、というものです。
ジョセリンは保護者達に動機づけをしっかりしたいと熱弁をふるい、参加者のみんなを惹きつけていました。
私(杉田)はその中で、日本での仕事を紹介しました。下の写真は参加者にアンケートを取っている様子です。








この学校は先生方が積極的に食事の準備にも関わっています。写真はサラダに入れるピーマンを切っている先生です。3人の先生達がお母さん達を手伝っていました。

2022年5月29日日曜日

エクアドルからこんにちは2 キト奨学生、卒業生との会

 5月28日は朝9時からキトの奨学生との会が開催されました。2020年2月からコロナ禍の中にあってなかなか集まれない日が続き、ようやく最近になって集まれるようになりましたが、元気に集まってくれるだろうか、雰囲気はどうだろうか、と心配をしていました。ところがとても明るく良い雰囲気で、お互いの関係も築かれている様子で私の不安も吹き飛びました。

今日はドイツのNGOであるハンスセイデル(ドイツ語読みではハンスザイデル)の大学生ボランティアが講座のファシリテーターを担当してくれました。まず、一人ずつ交代で他の子の名札を持ってその子を紹介し、その子の胸に名札を貼っていきます。特に今日は私がいるので名前がわかるようにと配慮されたのではないかと思いました。次にリーダーシップをどのように育てていくのかという話を、ファシリテーターの大学生が自分の成長について語りながら考えを説明します。そして、自分の能力、弱み、将来の目標についてそれぞれがまとめ、発表しました。内容については次の機会に報告をします。
奨学生たちは中には人前で話をするのが苦手という子もいますが、考え方がしっかりしていて、多くの子たちが積極的に発表もしていました。
私からはサネの簡単な歴史と、活動、そして日本での仕事の紹介をしました。多くの会員が会費を払って支えていること、エクアドルバザールやフリーマーケット、エクアドル製品の販売を通じて広くエクアドルを知ってもらい、寄付を集めていること、コンサート、事務局の活動、奨学生事業の国内活動、そしてカヤンベでの活動について紹介しました。
そして、文通はうまくいっていますか?と聞いたところ、一斉に¡Si!(はい)と手が上がり、本当に嬉しかったです。改めて毎月の手紙を大事にしてほしい、それぞれの文通相手と良い関係を築いていってほしいとお願いしました。奨学生たちはサネにとって宝であり、一人一人の成長が活動の成果そのものなんだと伝えることができたかと思います。奨学生担当のヘネシスから、実際に会うことができて嬉しかったとの言葉をもらい、遠くから来た甲斐があったと嬉しく思いました。

卒業生との会には、16人が集まってくれました。昨年度の卒業生、一昨年の卒業生を始め、現役の大学生が8人、現在卒論に取り組んでいる(日本の制度と違って卒業と資格の習得は別で、卒業後に資格習得のための論文提出をします)卒業生が3人。そのうちの一人フレディは大学をやり直して今27歳で卒論に取り組んでいます。ケリーは働いて資金を貯め、これから受験に挑戦します。一番年長のクリスチャンは物理の教師、エリザベスはコロナで給料が激減し、退職して自分で起業しようとしています。パオラは同じ奨学生だったディエゴと結婚して子供を持ちながらハンスセイデルで仕事をし、修士課程で学んでいます。カテリネは保健省で保健師として活躍。ウイルソンはSEとして会社で勤務。みんなそれぞれ前向きに頑張っています。
写真は卒業生との会の様子です。





エクアドルからこんにちは

JICA事業の出張で、5月26日に日本を出発し エクアドルに来ています。

27日は現地協力者の内田さんと共に日本大使館を訪問し、森下敬一郎大使にご挨拶をしました。