2023年1月30日月曜日

2月11日から現地出張です!      学校菜園持続化事業

 埼玉国際交流基金の助成によって学校菜園持続化事業として、現在6校において肥料作り講習が急ピッチで行われています。これまで長い間学校菜園に使う肥料と種苗は100%サネが支援してきましたが、自分たちでやっていけるように肥料作りの講習会を実施しています。

この関係で2月11日から10日間の予定で現地出張が予定されています。出張者は若手スタッフの貝森です。サネビジョン1月号でエクアドル大使にインタビューしているのが彼女!ぜひ記事もお読みください。彼女はフルタイムの会社員として仕事をしているので、有給をとって今回出張してくれます。大学生の時に1年間エクアドルに滞在しているので今回は久しぶりのエクアドル訪問となり、とってもワクワクしている様子です。サネの出張はいつもやることが山ほどあって、日程的に厳しいので、健康に注意していってきてほしいと願っています。(写真左側がセサル・モンターニョ大使、右が貝森)

2022年度(2022年9月〜)の新しい奨学生紹介

 新しい奨学生11人のご紹介をします。おかげさまで日本のサネ会員の希望者との文通も開始されました。奨学生の文通相手は男性ならパドリーノ、女性ならマドリーナと呼ばれます。パドリーノ、マドリーナという呼称はパパ、ママから来ていて、エクアドルではキリスト教の名付け親(子どもが成人するまで親が万が一の時は世話をする人)をそのように呼ぶ習慣があります。サネはキリスト教とは関係がないのですが、奨学金をあげながら文通を通して応援するということでこの呼称を使っています。ただ、一人にあげる奨学金は30ドル、それ以外にも奨学生事業には事務所や奨学生担当スタッフの雇用などたくさんの費用がかかっています。奨学金を含め、こういった費用はぱドリーノ、マドリーナが個人的に負担するのではなく、会として送金しています。パドリーノ、マドリーナになった方は毎月奨学生から届く手紙を読んで返事を書き、交流を深めていただくのが大きな役割です。使用言語はスペイン語ですが、翻訳ボランティアがお世話してくださっていますのでご心配はありません。

次回のパドリーノ、マドリーナの募集は今年の秋ですが、ご希望の方がおいででしたら早めにご連絡をください!


2023年1月2日月曜日

新年あけましておめでとうございます

皆様、新年明けましておめでとうございます。

振り返ってみると2020年の1月にコロナ感染症発生のニュースが伝わってから4年目に入ろうとしているわけですが、この間この感染症の広がりは社会のあり方を変え、人のつながりを難しくしてきたように思います。さらに21世紀にはありえないと思われていた戦争が収束のめども立たないままに継続しています。難しい状況の中、私たちは何をすれば良いのか、明るい見通しはあるのかと暗澹たる気持ちになる事も多い昨今です。

それでも、できることをひとつずつ、一歩ずつやっていきたいというのがサネの思いです。サネの20周年の時にナマケモノ倶楽部の辻信一さん(文化人類学者)から、サネは3つのS、Small、Slow、Simpleな組織と表現していただきました。それから13年、小さくても良い、ゆっくりで良い、そしてシンプルにできることをやって行こうと変わらず歩んでいます。そしてこの3つのSに、今後はSincerelyとSurelyー誠実に、そして着実にーと活動の仕方を表す副詞を加えて、5つのSにしたらと思います。大切なことは、人と人をつなぎ、互いに育ち合い、より良い社会の実現のために共に進むことです。

サネはこのような困難な中でも、会員数が140名を超えました。これまでで最も多い数です。飯能市でも、日本のエクアドルコミュニティの中でも少しずつ知っていただけるようになりました。現地と国内の活動を通して、日本とエクアドルのより良い発展と調和のとれた社会の実現につながるように努力していきたいと考えています。サネの特徴は誰でも直接参加できる国際協力、国際交流の場を提供することです。参加を通して世界を知り、日本のあり方を共に考えていきます。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

写真:日本とエクアドルの絵画交流で、絵を描く両国の子ども達







2022年12月31日土曜日

国土緑化推進機構助成 標高3000m以上のアンデスの学校への植林と日本とエクアドルの子ども達の絵画による交流

 グスタボアドルファベッケル校とウンベルトフィエロ校で植林が進んでいます。また、子ども達が日本に送るための絵画を描きました。

これらの絵は2月にエクアドルに行くサネからの出張者が持って帰り、3月17日からの飯能市民活動センターでの絵画展で、日本の子ども達の絵と一緒に飾られます。どうぞお楽しみに!

なお、飯能市の緑を描いた絵を募集中です。この展覧会で飾らせていただきますのでどうぞ素敵な絵をご提供ください!展覧会後にエクアドルに持っていき、展覧会を開催する予定です。詳しくはinfo@sanejapan.orgまで!







埼玉国際協力基金半額助成       学校菜園の自立化事業進む

 

10月から始まる予定だった事業は、教育委員会の体制が変わったばかりだったため承認が遅れたのですが、ソハエの事業担当のヘルマン・リコの粘り強い働きかけもあってようやく承認が降りました。そして、教育委員会の呼びかけで12月15日に事業対象校6校全ての校長が集まり、スタートのための連絡協議会が開催されました。先住民の割合が多い地域なので、先住民言語で語りかけることができるアカデミックアドバイザーのセグンド・デ・ラ・トレーさんの役割も大きなものがあります。右の写真の左端に立って語りかけているのがセグンドさんです。この日、校長先生方にアンケートをとり、6月に終了したJICA事業の評価や今後の意欲について伺いました。下記がその結果を一覧表にしたものです。
全ての校長が今後の学校菜園と給食実施の継続について意欲を示してくれました。

その後、学校では遅れを取り戻そうと肥料作りと学校菜園の土づくりが進んでいます。
学校長や担当者から写真が毎日のように送られてきています。


写真上:グスタボアドルフォベッケル校は標高3600mにある学校です。


写真上:カルロスビセンテアンドラーデ校は菜園が坂になっていてなかなか大変です。


写真上:ウンベルトフィエロ校は種まきの準備が整い。そら豆の種を蒔きました。
写真下:そしてカパックライミのお祭りです。


写真下:こちらは同じお祭りを楽しむラファエルコレア校の様子です。

最後の写真はヘネラルアントニオエリサルデ校。親も子どもも教師も一緒に作業です。


2022年12月12日月曜日

エクアドルカカオが青梅市でチョコレートに〜チョコレートのお話 1月21日

エクアドルのカカオは美味しいことで知られていますが、そのカカオを使って青梅市でチョコレートを作っているmamanoチョコレートさんに出会いました。

その社長さんの江澤さんが飯能に来てチョコレートのお話をしてくださいます。mamanoのシェフが作ったとびきり美味しい生チョコレートを提供してくださいます。エクアドルインタグコーヒーとチョコレートの美味しい出会いをお届けします!

<mamanoの粒チョコレートは、ここで購入できます>

ブックマーク、にこにこハウス、Café Misugi、マルトクカフェ(以上飯能市)、所沢市役所8階売店。もちろん直接販売もしています。現在サネのフォトカードと一緒にプレゼント用にご準備しています。
チョコレートは、カカオ73%、77%、100%の3種類です。ただし、全ての店に3種類が揃っているとは限らないので、ない時はご一報ください。ブックマークには現在全種類あります。100%は数が少なく貴重品です。ちなみに100%チョコレートはどんな味か一言でいうと、甘くないチョコレートです。苦すぎず、安心して食べられます。