2018年6月3日日曜日

フェアトレードの第一人者中村隆市さん、飯能へ!

628日午後6時:ブックマーク(飯能駅北口すぐ)
コーヒー1杯付800
『世界のみんなと手をつなぐ店ふやふや』は、エクアドルの子どものための友人の会の活動を応援し、SANEへの寄付のために長年にわたってエクアドルのコーヒーを販売して来ました。今、飯能では多くの方がインタグコーヒーを飲んでくださっています。
このインタグコーヒーはエクアドルのインタグ地方の豊かな森の中で他の植物と一緒に育ったコーヒーで、日本のフェアトレード会社ウィンドファームによって輸入され、販売されているものです。ウィンドファームではインタグ地方以外にメキシコなどからも深林栽培のオーガニックコーヒーを仕入れていますが、豊かな森は国や企業の手による鉱山開発の危機にさらされています。中村さんは、市場より高い価格で生産者からコーヒーを買い取るのではなく、生産者の顔が消費者によく見えて、生産者と消費者の心が通じるようなフェアトレードを目指しています。私たちが飲んでいるコーヒーがどこからやって来たのか、どのように生産されているのか、そんなことをお話しいただきます。
そして、日本とエクアドルの国交100周年という年に、消費者である日本の私たちと、遠いエクアドルという国の生産者の方々をつないでみたいと思います。一杯のコーヒーから始まる物語をご一緒に!  
事前申込み・お問合せ:bookmarkまたはinfo@sanejapan.org(杉田)まで

1955年福岡生まれ。 ウィンドファーム代表。20代から有機農業、環境運動に取り組み、87年フェアトレード事業を開始。 有機農業とフェアトレードの普及でブラジル・マッシャード市から名誉市民章を受章した。 1990年からチェルノブイリ医療支援2011年から福島原発事故の被害者支援に関わる。 『考える絵本・幸せ』のモデル。ナマケモノ倶楽部世話人。ゆっくり堂代表

0 件のコメント:

コメントを投稿