2018年4月7日土曜日

100周年記念コンサートのチケット販売開始!

明日からチケット販売開始です。
300席しかありませんのでお早目にご購入お願いします。

2018年4月6日金曜日

NGO登録、エクアドル外務省のプレスリリースで公表される

NGO登録がエクアドル外務省によって以下の通り公表されました。写真でSANEの代理人として出席したのはカヤンベ支部代表のウィルソン・フランコ氏です(右から3番目)。
外務省と国際NGO18団体が4年間の活動に関する基礎協定に署名した。これは、少なくとも4,900万ドルの支援を意味することになる。
外務省・国際協力局が主導するこの合意の目的は、国際協力が国家の優先課題に対応することを保障することである。これらのNGOは、プロジェクトを通じて達成した進捗・成果に応じて協力資金を供与することから、支援額がこの期間中に増える可能性もある。
なお、協力分野は鉱業、環境、戦略部門、教育、人的能力、安全保障、生産・健康振興に焦点が当てられることになる。外務省は本協定の締結の一環として、NGOが実施するプログラム及びプロジェクトの登録・フォローアップを担当するだけでなく、運営の行政評価の実施も行うことになる。
協定を締結したNGOは以下のとおり。
1.   Childfund International (米国)
2.   Fundación Ayuda en Acción (スペイン)
3.   Fundación AVSI (イタリア)
4.   Fonds Voor Ontwikkelingssamenwerking Socialistische Solidariteit – FOS (ベルギー)
5.   Fondazione Terre des Hommes Italia – Onlus (イタリア)
6.   Federación de Organismos Cristianos de Servicio Internacional Voluntario (イタリア)

7.   Asociación Red Internacional de Organizaciones de Salud – RIOS (Suiza)
8.   Coopera – Jóvenes para la Cooperación Internacional para el Desarrollo (スペイン)
9.   Asociación Trabajo, Paz y Sociedad (ペルー)
10.Sociedad Amigos del Niño Ecuatoriano-SANE (日本)(NPO法人エクアドルの子どものための友人の会)
11.Birdlife International (英国)
12.Federación Iberoamericana de Asociaciones de Víctimas contra la Violencia Vial – FICVI (コロンビア)
13.Asociación Francia-Ecuador (フランス)
14.Ecology Project Internacional (米国)
15.Catholic Relief Services(米国)
16.Asociación Trabajo, Paz y Sociedad (ペルー)
17.Global Foundation for Children with Hearing Loss(米国)
18.Salem International (ドイツ)


国際NGOは、国家開発計画に基づいた開発プログラム及びプロジェクトを実施するための資金を充当し、実行することから国際協力の主体であり、その協力は国家の取り組みを補完するものとなるべきである。

2018年4月3日火曜日

エクアドルへの政府登録なる

昨年より申請しておりました、エクアドルへのNGO登録がようやく通り、SANEが提案していた事業がJICAの資金を得てできるようになりました。
SANEは民間組織として、政府とは自立して活動をしてきましたが、カヤンベの子ども達の栄養問題の解決のためにより影響力のある活動をしていきたいとJICAへの事業提案をし、先月採択されました。JICAは国の機関ですから、この事業の実施には当然エクアドル政府にSANEが認定され、行おうとする事業に対しての許可をとることが必要になってきます。今回のSANEのNGO登録はこのために行われたものでした。
こうした事業が可能になった背景には、ここ数年政権が比較的安定し、教育政策が機能するようになってきていること、SANEのカヤンベにおける学校菜園や植林の活動も順調に行われていること、日本国内での活動も財政難、人員不足を常に抱えつつも、会員、飯能市民をはじめとした多くの皆さんの支えを得て事業に取り組める体制が整いつつあること、などがあります。
特にエクアドルの教育省、保健省との話し合いで、それぞれの政策とのすり合わせができ、協力関係を持ちながら事業が進められるようになったことは、カヤンベの子ども達の教育環境の改善にとって大変大きな一歩となると考えます。
今後とも皆様のご支援、ご協力をよろしくお願いいたします。

2018年3月31日土曜日

日本エクアドル外交関係樹立100周年記念イベントin飯能

今年は日本とエクアドルの外交関係樹立から100周年ということで、エクアドルとゆかりのある地域で交流行事が行われたり準備されたりしています。
SANEが事務局を置いている飯能でも楽しい企画が準備されています。
詳細は後日お知らせしますが、
6月16日から30日まで飯能市商店街にてエクアドルウィーク
6月30日は飯能市市民会館にて式典とコンサート、中央公園でカヤンベ市と飯能市の友情の植樹を行います。
どうぞ、みなさまこの期間に飯能にお出かけください。
なお、FACEBOOKにイベントページもございますのでこちらもご訪問ください。

2018年3月28日水曜日

エクアドルチョコレートの話

『世界のみんなと手をつなぐ店ふやふや』は、SANEに寄付をするためにフェアトレード品を中心にエクアドルや色々な国の良品を販売している小さなお店です。これまでエクアドルのコーヒー、チョコレート、民芸品などを飯能市の皆さんやイベントにおいでになった方々にご紹介して来ました。
今日はその中でチョコレートのことを紹介します。
ふやふやの商品は基本的に現地に行く、あるいは輸入業者さんを尋ねるなどをして、生産者や仲介者と顔の見える関係を築いています。消費者の皆さんとも身近につながっているのが特徴です。チョコレートも同じです。
ふやふやはこれまで10年ほどにわたりサリーナスのチョコレートをスローウォーターカフェを通して販売して来ました。最初の頃は商品の包装にほころびがあったりしたこともありましたが、長く人々に愛され今年も売れ行きは好調です。このチョコレートが大好きなリピーターさんが多いのが特徴です。私はチョコレート生産が始まる前のサリーナスを訪問しましたが、経済的な困難を抱える人々の地域が一丸となった努力を知ることができました。また、スローウォーターカフェの藤岡さんとも長くおつきあいをさせてもらっています。
そして今回はパートナーズジャパンYAMATEさんのご紹介で、なんと私たちが活動しているカヤンベ市の工場で生産されているHOJA VERDEのチョコレートを扱ってみました。実は現地メンバーさえもすぐそばにこのチョコレート工場があることに気づいていませんでした。ところが知ってみるととってもつながりがあったことがわかったのです。(上、左、下の写真はカヤンベの工場)

キトの本社を訪ねて、社長さんのべレスさんにお会いしてお話を伺い、後日カヤンベの工場をSOJAEカヤンベ支部のスタッフと一緒に訪ねました。
工場は作業しているところや材料保管庫を見学できるように大きなガラス張りになっていて明るい環境で大変清潔感が感じられました。チョコレート製造のための機械がたくさん動いていました。

べレスさんのこだわりで、同じ思いを持つ農家さんと契約をし、そこからオーガニックの材料(カカオに限りません)が運ばれて来ています。
工場ではカヤンベの人々が働いています。地元に雇用を生んでいることもわかりました。そして驚いたことに、カヤンベスタッフのアンドレアのいとこがここで働いていることもわかりました。(写真)
外国からもお客様や研修生がきているようでした。
社長のべレスさんはエクアドル人で、社会貢献の気持ちもお持ちの方です。今後カヤンベの子ども達のために何かできたらとおっしゃっていただきました。(写真左下)

このチョコレートは大変品質の良い、エクアドルのカカオの良さを感じられる美味しいチョコレートです。現在、飯能銀座通り商店街にあるブックマークで販売中です。どうぞお立ち寄りください。もちろん収益金は全てSANEに寄付され、SANEを通してエクアドルの教育支援に使われます。プレゼント用の素敵な封筒とメッセージカードがついています。













2018年3月26日月曜日

子ども達の元気な学校生活のために

<事業提案までの経過>
SANEがJICAに提案している事業が採択になりました。この事業のきっかけは2003年に始まった学校菜園と2014年の出張の時の経験に遡ります。
SANEは2003年より、それまでの教室建設や修理と違って教育内容に関わる事業を始めました。それが学校菜園事業です。元々は『伝統種子の回復と保存』という課題で始まったのですが、実際にやってみると子ども達の栄養状態が悪く、種子の保存の前に収穫物を子ども達の食事として提供する方が緊急の課題だと捉えるようになりました。事業名も食の安全保障という名前に変化していったのです。


そして2014年、出張でウンベルトフィエロ校に行き、3歳から6歳児のクラスの先生にインタビューをした時に「子ども達がお腹をすかせて私のバッグの中を食べ物を探すのです」という涙ながらの言葉を聞いたのでした。政府は予算不足のため不十分だったそれまでの手作り給食を廃止し、全員に行きわたるようにと工場製品のシリアルバーとポタージュ用の粉の配給にしていました。いくつかの学校には購買があったり食べ物を売りにきたりする人がいて、お金を持ってきている子は食べ物を買うことができます。けれども幼い子どもやお金のない子は帰宅するまで食べるものはシリアルバーだけになります。特に遠くから学校に通ってくる子は長時間空腹に耐えなくてはなりません。
手作りの学校給食を取り戻したい、スタッフは直ちに動き始めました。お金を集めて学校独自で食事の提供をするようにという保護者や教師への働きかけ、また一方で政府への訴えも行ってきました。学校独自の給食を出せるようにしたい、それも一次的なものではなく、継続的にできるように、さらに多くの学校で、というSANEの願いは大きく膨らみ、今回の事業提案に至ったのです。
<事業の概要> ここに記載されたものは決定ではなく、これから検討を重ねて行きます。
*プロジェクト目標(3月現在)
 カヤンベ郡の6校で栄養豊かな給食(補完食)を週に2回以上継続的に提供する

*活動

1. 給食の実施と継続のための仕組みとして教育委員会、6校の教師、保護者、SOJAE、SANEの参加で栄養改善委員会を作る。また、各校に給食委員会を設置し、食材の調達の方法、調理の担当、必要経費の捻出などについて話し合う
2. 対象校で学校菜園を実施し、教師と子ども達が伝統作物のより良い栽培技術と知識を得、マニュアル作成、教師ネットワークの立ち上げにより学びの共有を図る
3.対象校の教師、保護者を対象に子供達の健康(栄養)の現状を知り、栄養の知識、調理技術に関する講座を開催し、保護者会でも話題にして、栄養と食に対する意識を育て、給食開始へと導く

*期待される成果
1.     対象校の給食が開始され、継続するための仕組みが整う 
2. 校の学校菜園で教師と子ども達が伝統野菜などの栽培の技術と知識を得る
3. 対象校の担当教師、保護者と子どもの栄養と食に対する意識が高まる

写真は今年2月の出張時のものです。