2020年1月11日土曜日

JICS助成金の獲得(2020年3月より組織基盤強化のための事業開始)

JICS(ジックス:一般財団法人 日本国際協力システム)は、民間団体による国際協力活動の一層の発展に寄与することを目的として、開発途上国に対する援助活動を行う日本の中小規模のNGO・NPOを対象に、支援金による助成(JICSNGO支援)を行っています。
 この度SANEは、組織の基盤強化のための事業にこのJICSNGO助成金を受けることが決まりました。助成金は1年間で100万円(3年間継続の可能性もあります)で、事務局体制の確立のための事業に使われます。SANEが国内組織のために行う事業はこれが初めてですので、なぜこの事業を計画したのか少しご説明をします。

SANEは設立が1989年で、満30年を迎えます。設立時は会員20人足らずの小規模な会で誰もが長く続くことになるとは考えてはいませんでした。けれどもその後多くの人々の活動への参加、協力を得て、現地に信頼できるスタッフにも恵まれて奨学生事業と教育環境改善事業を継続してくることができました。その結果、現地では元奨学生たちが組織を支えて活躍しています。また、カヤンベでは学校給食の安定的継続を目指してJICA事業を行っています。
しかしながら、今後もこのような事業を継続していくには、SANEの組織自体を安定させなくてはなりません。開設初期からの、数少ないメンバーが無償で献身的に活動をする、個人が自分の資質を発揮して活動をするといったスタイルから脱皮し、交代可能な組織づくりが必要です。また現地事業をSOJAEの現地スタッフに任せてしまうのではなく一緒に仕事をする、現地行政や事業当事者を広く巻き込んでいく、専門家の参加でより深く取り組むといった、現地事業の質の向上も、現地のニーズに応え、教育環境を改善していくには欠かせません。
SANEはこのような課題について議論を重ねてきた結果、現地に資金を送るだけではなく、現地事業を支える国内組織を強化したいと考えるようになりました。
これに応える事業としてJICS事業があります。
具体的には、事務局長の有償化、事務局補佐の雇用、事務所設置(いずれも額は小さいものですが)によって、会員制度など組織の見直し、財政拡大に向けた広報や賛助金、寄付金の呼びかけなど種々の活動が計画されています。
エクアドルでの教育支援の活動がこれからもより良い形で続き、日本とエクアドルの繋がりが確かなものとなっていくように、安定した国内の活動を実現したいと願って、SANEは新たな一歩に踏み出します。
もちろん、こういった活動は助成金だけで実現することではありません。助成金は小さな一つのきっかけに過ぎません。ぜひ、エクアドルにつながりのある企業や個人、各分野の専門家の皆様をはじめとした多くの皆様が、私たちの活動に参加し、日本とエクアドルのためにご協力いただけますよう、心からお願いいたします。

2020年1月1日水曜日

新年のごあいさつ*                SANE 杉田優子 SOJAE パオラピジャホ

新年明けましておめでとうございます。
日本のSANE(サネ)設立から30年、エクアドルのSOJAE(ソハエ)設立から17年が経ちました(SOJAEもエクアドルSANEの時代から数えると同じ30年です)。SOJAEとSANEが、長年一緒にエクアドルの子どもたちの為に活動を続けることができ、大変嬉しく思います。日本とエクアドルは地球の反対側の国ですが、距離や文化の違いを乗り越えて、また、常に付きまとう資金不足の危機を乗り越えて、互いに信頼しあい、協力しあって一つ一つの仕事を積み上げ、エクアドルの子どもの教育や健康、家庭の生活向上に、直接的にも間接的にも確かな成果をもたらしてきました。そして日本においても、遠くの人々を共に想うことを通じて人々をつないでくることができました。     
このように活動できたのは、関わってくださった多くの皆さんの「コミットメント・団結力・忍耐強さ」があったからこそです。時には喜びを分かち合い、時には困難に立ち向かいながら、一丸となり同じ目的に向かって進み続けることができました。本当にありがとうございます。
 新しい年がスタートしました。希望にあふれる新年をお迎えの方々もおいでだと思いますが、一方で困難の中で新年をお迎えの方々もいらっしゃることでしょう。どのような時も希望を持って、粘り強く歩みを進め、日本とエクアドルの私たち、SANEとSOJAE、そして世界中の人々にとって幸多き1年にできますようにと心を新たにしています。
 何よりも、家族・同僚・友達など私たちの身近な人達~特に、困難な生活状況にありながらもまだ支援が受けられていない方々に寄り添いたいと思います。今年の終わりには「お互いに与え、与えられ、一緒に歩んできた」と充足の表情で振り返ることができますように。

2019年12月26日木曜日

出張を通してーJICA事業の今(プロジェクトマネージャー)

今回の12月の出張の前にインターンで調査に入ってくれた大川さんの詳細な報告、現地から毎日のように寄せられたリーダー育成担当の東城さんと農業専門家の大塚さんの出張報告、現地事業補助員のジョセリン・コヤゴの報告を受けて見えてきた、JICA事業の現状、成果、課題についてプロジェクトマネージャーの杉田が簡単にまとめてみます。

6校の事業校によって地域の実情も菜園や給食実施の現状も大きな差があります。けれどもそれは最初からわかっていたことで、それぞれの学校が実情に合わせて、それぞれの良さや強みを生かしてどこまで課題を自分たちで克服し、前進していけるのかが最も重要な点です。この事業は、何かものを提供する事業ではなく、人々の意識を変えることで、自分たちで子ども達の健康をよくしていくために、学校菜園を充実させ、学校給食実施の方法を模索していくというものです。これは厳しい目標ともいえます。
けれども、今回の出張で昨年度給食実施ができなかった学校でも、講座でリーダー達の働きかけで、保護者や教師が真剣に話し合い子ども達の健康を心配し、学校菜園や給食実施に向けて努力しようという姿勢を見せてくれたことは大きな成果でした。今回の講座は大きな意味を持っていたと思います。各学校の校長先生、担当教師の皆さん、参加した保護者の皆さん、そして出張者の東城さん、大塚さん、大川さん、現地補助員のヘルマン・リコ、ジョセリン・コヤゴ、彼らの言葉であるキチュア語で語りかけてくださった現地アドバイザーのセグンドさん、ありがとうございました。(上の写真、左の写真は訪問した事業校で)
<この9ヶ月の成果>
*学校菜園と学校給食を実施のために努力し、3年後には安定的に実施をして成功事例を作るという意識が共有されたこと
*保健省、教育省と一緒に参加できたこと
*6校中4校の定期的な給食の実施、1校の不定期な実施ができたこと
*栄養の知識が少しずつ知られるようになってきたこと
<課題>
*水の問題の解決 
 貯水池の設置を各事業校ごとに考えていく必要がある。自らのちからで(共同作業)できるかどうか、業者に頼む必要があるとしたら、資金をどのように調達するのか
 これについては、ピサンビージャでは大和証券の助成金が決定し、この助成金で1月〜2月に建設予定がある。他の学校でも条件などを調査中。  
(写真は教育省を訪ねた一行)。
*農業的な課題
 学校菜園の農業技術的な問題が出てきている。現在大塚専門家が滞在中なので、この期間にできるだけ課題の明確化と今後の方針を出していきたい。
出張中に種子を播くよりも苗を植えた方が良いという話になった。その他にもいくつか具体的な課題が出てきている。一つあげられるのは耕運機の使用である。上記の大和証券の助成金で耕運機を購入予定であるが、ピサンビージャでどのように耕運機が生かされるのかをみて、他の学校でも使えるところでは使っていけるように、必要に応じて購入の可能性を探ってみたい。
もっと身近な、農機具の整備も行えたらと考える。
*給食実施の問題
 ウンべルトフィエロ校では 給食実施と運営のために教師と保護者の話し合いが持たれて大きく前進しているようであるが、ここに現地事業補助員の参加が可能になるような働きかけが必要であろう。
また、他校でもそのような普段の努力ができるように支援していきたい。





今あるものを上手に生かしたいーラファエルコレア校ー出張報告6


この出張報告は、12月6日よりエクアドルに出張をした東城リーダー育成担当と大塚専門家、インターンの大川さん、現地事業補助員のジョセリンコヤゴの報告をもとにしたものです。

講座の最後の開催校、ラファエルコレア校はカヤンベ中心地バスで45分。生徒数は1年生から小学校6年生まで58人いる。この学校は政府の政策によって大規模なミレ二オ校が開講された時に廃校になるところでしたが、村を上げてこれに反対し、粘り強い交渉の末に継続を勝ち取りました。現在は生徒を減らしはしましたが、保護者の強い団結意識と村との強い絆で学校を支えています。3月の出張時にも突然教師が1名他校に配属になり、教師が減ってしまうという出来事があったばかりでした。困難は続いていますが、頑張っている学校です。

講座当日も仕事を休んで参加している親もいて、講座への関心は高く、参加者数は延べ30人を超えました。学校給食の実施のために、一か月1ドルを各家庭から集金し、家庭からの食材の持ち寄りと菜園収穫物を利用して毎週2回の食事の提供を行っています。
講座参加者の方々から、現状の報告、問題提起、解決方法の提案をお願いしたところ、次の問題が挙げられました。
*耕作面積が少ない
*ビニールハウスが古い
*発芽率が悪くなった

また、参加者からの要望として、給食室の建設、現在は子ども達が持ってきている食器の大きさが違うので同じ量の器の提供ができないか、農機具が欲しい、食事に加えて栄養剤の提供ができないかとの話がありました。
こういったニーズをどのように満たしていくのか、外からの提供ではなく、ここにあるものを生かしていくことが重要です。例えば、こちらでは食堂で食事をするという意識があるようですが、日本では教室で給食をとっていることを紹介しました。今後も教師や保護者と共に考えていきたいです。
発芽率の低下の解決として、苗の購入を考えていることも伝えました。
十分な耕作地を確保するために、土地を借りる契約を結び、収穫物の一部を地主に渡し、それをもって借り賃にするという提案が出されました。

<大塚農業専門家より>
訪問したタイミングもあろうかと思うが、6校の中で最も上手く野菜が育っていた。
小さなハウスを2つ所有している(1つは何も植えられていなかった)。
レタス、ビーツ、キャベツ、白菜、パクチーなどが育っている。
ハウスの外にはアップルミント、食用ほうずきが植えられていた。
気になる点は、土が乾いているのでマルチングは必須だと感じた。畝が低いのは水不足対策かもしれないが低くする分、深くまでしっかりと耕さなければならないので、もう少し高めにした方が理想だと感じた。

耕運機の導入をしたいーウンベルトフィエロ校〜出張報告5


この出張報告は、12月6日よりエクアドルに出張をした東城リーダー育成担当と大塚専門家、インターンの大川さん、現地事業補助員のジョセリンコヤゴの報告をもとにしたものです。

サンパブロウルコ村は先住民の多い地域であり先住民文化の伝統が色濃く残り、人々の結びつきや学校との関係も強いです。写真は伝統的行事の様子です。ここはカヤンベで一番初めに設置された学校です。カヤンベ中心地からは車で約40分のところにあります。オルメド教区の中心地までは道路も整備されバスが通っており、そこから歩いて20分ほど上がっていくとサンパブロウルコ村に着きます。カンガウア教区にある他の学校と比較して中心地から便利に行ける地域であり、それだけにカヤンベまで出て仕事をしている人が多く、若者の移住も多いため、過疎に伴う生徒数の減少に悩む地域です。
 生徒数は57(全実施校の中で最も少ない)であり、小学校1年生から中学3年生までの教育課程を備えています。就学前クラス対象者にあたる5歳以下の子どもは、木曜日だけ学校にくることになっていて、この子ども達は給食を食べていません。 教員数は8人です
745分に子ども達は登校し、授業は8時から14時までです。11時から1145分の間に給食と、政府支給の牛乳とシリアルが支給されています。
  地域では、酪農が盛んで牛乳が生産されていますが、多くの保護者はその牛乳を家庭で消費するよりも売ってお金にすることを優先しています。

今回の講座への期待は大きく、開始時には既に25名を超える保護者の参加者がありました。校長は他用で開始時は不在でしたが、担当教師から長年にわたり行政からの支援がない中、保護者の協力を得て歩んできた様子が報告されました。特にJICA事業開始後3会議を重ね、耕作スケジュール、給食メニュー等を教師と保護者が共に考えてきたそうです。教師から保護者の協力に対する感謝の言葉がありました。
また、菜園事業を生徒の教育の一環として取り組み、作物の成長記録をつけ、作物品評会を開いていました。教育的な姿勢がこの学校の大きな特徴であり、長い教育的努力の積み上げの結果学校菜園と給食実施の成果もあると感じました。
この事業では、事業最終年に学校の菜園と給食提供に関しての「手引書」を作成します。これはSANEのプロマネ、農業専門家、栄養専門家、現地事業補助員と教師が協力しあって作成するものですが、ぜひウンベルトフィエロ校の貴重な経験を生かして作りたいと、協力をお願いしました。
大塚専門家による農業経営の経験発表の中では、コメ汁を利用した肥料に興味を持ったようです。現地事業補助員のジョセリンコヤゴから、この話に加えて肥料に関して話があり、参加者の興味を引き付けていました。
この学校からも耕運機購入の要請がありました。特に今年のように雨が多い季節は除草が間に合わず、準備が大変だったようでした。休耕地の除草対策に有効な耕運機は必要だと感じました。また、収穫物の貯蔵技術を持っているこの学校では、耕作面積を増やし、貯蔵穀物の量増やす計画があります。耕作地を広げるためにも、人々の作業を楽にする耕運機の導入が望まれます。



努力を重ねるパンバマルカ村カルロスビセンテアンドラデ校ー出張報告4

この出張報告は、12月6日よりエクアドルに出張をした東城リーダー育成担当と大塚専門家、インターンの大川さん、現地事業補助員のジョセリンコヤゴの報告をもとにしたものです。

順序が逆になりましたが、講座2日目はパンバマルカ村のカルロスビセンテアンドラーデ校でした。カヤンベからは車で約45分。地域内にはバスは通っていませんが、乗り合いのトラック(50セント)を使うことはできます。カンガウア中心地やカヤンベ中心地に出かける時は、トラックの荷台に乗って移動します。
今年の生徒数は就学前クラスから高校1年生までで234人で、教師は15人。事前に調査に入ったインターンの大川さんの報告でも、他の実施校と比べるとプロジェクトが最もうまくいっていない学校で、給食は未だ実施されておらず、菜園も面積としては広いが収穫は一切ありません。現地事業補助員のジョセリン・コヤゴからは、教師も保護者もあまり積極的ではないという感想を聞いていました。
菜園も10月までは畑の準備も行っていませんでした。この遅れの原因は前任の菜園担当教師だったようです。
けれども、10月に新任の菜園担当教師が赴任してから、現在まで3回のミンガを組織し各91名の親を集めていました。写真は11月初めのものですが、畑の準備、種まき、動物除け囲いの補修と耕作、収穫に向けて活動が始まっている様子が伝えられています。
今回の講習会では昨年の
学校菜園の紹介をしていました。彼女(新任担当は女性です)は菜園の経験はなく、耕作方法にはいろいろ問題があるようですが、非常に積極的でした。また、校長も親と指導教師の間に入り、事業の組織化に非常に協力的です。セグンド氏より各家庭から食材を持ち寄ってできるだけ早く給食の実施を促し、参加者も実行を約束していました。来週早々、給食実施に関する集まりを持ち、調理担当などを決めるとのことです。
一方この学校では、子どもの保護者でもある女性が学校にある調理室、食堂を利用してbar(食べ物の販売)を行っています。そことの調整をどうするかが課題です。
 講習会の雰囲気はとても積極的で、開催前の心配は軽減されましたが、今後は現地補助員と共に、常に進捗状況を確認する必要があります。

<大塚農業専門家より学校菜園の詳細状況>
保護者からの質問と意見、感想
 ・菜園にhabasアバス(ソラマメ)を植えているが害虫被害がある。有機除虫の作り方、使い方は?
  答え:作り方、希釈倍率、噴霧頻度に気をつける。 
 ・生ゴミ堆肥に興味がある。
大塚専門家の感想
 農業の基本的なことに問題があるせいか、全体的に発表に関する反応は薄かった。

校長の意見
 ・いつも子ども達はスナック菓子を食べているから野菜不足が心配だ。
 校長は、収穫物を売ることもできると保護者に話していた。実際に玉ねぎを栽培して街に売っている家庭もあった。

現地アドバイザーセグンド氏が保護者の一人を指し、昨日なにを食べたの?とたずねた。その保護者は、食べたものは米、ティラピア(魚)、豆と答え、野菜が不足していると指摘があった。
一方で、畑にはセロリ、パセリ、パクチー、レタス、ふだんそう、ビーツ、ブロッコリー、ソラマメ、チョチョス(豆類、カルシウムとタンパク質が豊富)が植えられている。
前夜雨が降ったが、ビニールの屋根があるため、その下の3つの畝は乾いていてペットボトルに水を汲んで潅水していた。今後はすべてビニールで囲いたいとのことなので水の問題がある。対策としては畝の水分蒸発防止のためマルチングは欠かせないと思う。
2週間くらい前に種をまいたが芽が出ていない(白菜、ラディッシュ、ニンジン)
ピタナアルトの学校と同じ問題(種が死滅している)がここにもあり、校長は苗を買うつもりでいる。野菜によるが、ひとつ2セントで買えるとのことなので良い案だと思う。

農業担当者は、足りないものとして農機具、ハウスのビニール、ハウスを補強する木材、ハウス用のボルトが必要とのことであった。

写真は講座で出された、保護者の調理した食事。