2017年7月19日水曜日

SANEの登録をエクアドル外務省に申請

SANEは今年度、JICA草の根技術協力への事業提案を予定しています。これまでの、SOJAEを通して事業を行って来たSANEの関わり方から一歩進んで、カヤンベの事業をSANEとしてより直接的に関わろうとしているのです。

今年度の総会でこの提案をしてから、会員を始め多くの方々に期待の言葉を頂いてきました。ご承知の通りSANEは28年間一貫して(無償)ボランティアを実践してきました。この状況が当面変わる訳ではないので、プロの仕事を求められるJICAの事業が私たちにできるのか不安もありますが、カヤンベで積み上げて来た14年間の学校菜園事業の経験を基盤にして、さらに多くの学校で学校菜園を実現し、子どもたちに美味しく栄養豊かな手作り給食を食べてもらえるように、今回の事業を計画しています。

この事業の実施のためには、SANEがエクアドルに関わる事業をする日本の市民組織としてエクアドル政府に認められる必要があります。エクアドルの外務省に登録をするために、今回は杉田が出張しました。上の写真は7月18日に外務省を訪ねたときのものです。左から杉田、外務省の担当者カロリナ・ゴンサレスさん、SOJAEの内田さん、ダーウィン・バスコネスさんです。この写真を撮って下さったのは、JICAエクアドルの現地担当者アンドレスさんで、写真に写っていないのが残念ですが、JICAエクアドルの協力も大変大きいものがあります。日本で書類を整えるためにも多くのメンバーの協力を頂きましたが、現地でもJICAにアドバイスを頂いたりSOJAEメンバーの協力も大きかったです。正式な提出までにはまだ少しかかりますが、あと一歩の所まで来ました。まさにこの事業の実現を心から願うSANEとSOJAEのチームの仕事だと感じています。

上の写真では少しわかりづらいですが、手前に置いてあるのは日本の伝統的な姫手まりです。今回の出張に際してSANE事務局のある飯能市の方から日本とエクアドルの架け橋になればと手作り品を頂きました。左写真の左が日本の、右がエクアドルの色をイメージして作られたそうです。カロリナさんにこれをお渡ししながら『日本では多くの方が応援して下さっています』と話すと、彼女も『SANEが初めての政府登録の日本のNGOとなることを願っています』と笑顔で応えてくれました。
(下の写真はカヤンベです。)

2017年7月12日水曜日

「飯能夏祭り」に、ふやふや出店します!

飯能夏祭りにて、ふやふやが出店します!
Tシャツや人気のパナマハット、ブラウスなど・・・
エクアドルの民芸品はいかがですか?ぜひお立ち寄りください!

日時:2017年7月15日(土)15時頃~18時頃
      7月16日(日)12時頃~17時頃
場所:飯能銀座商店街 
   オープンサイト建築設計事務所 HP:http://opensiteas.com/
   (飯能市仲町7-28) 

夏祭りの詳細については、観光協会のホームページをご覧ください。
奥むさし飯能観光協会HP
http://hanno-tourism.com/
  
▽写真は昨年の様子です。「底抜け屋台」が通りに並ぶ引き合わせは見ごたえたっぷり!

2017年6月2日金曜日

アンドレアからの報告ーカヤンベの子どもたちの状況

アンドレア・コヤギージョはSANE/SOJAEの元奨学生で,現在大学を卒業して語学教師になるために就活中です。2012年に日本にあるアジア学院に農村リーダー研修生として留学をしました。SOJAEカヤンベ支部のボランティアとして活動をしています。彼女からカヤンベの子どもたちの状況について以下のような報告がありました。SANE/SOJAEは現在この地域で学校菜園事業を通して子どもたちの栄養改善のために活動をしています。

☆  ☆  ☆  ☆
国際こどもの日の取り組みとして、エクアドル社会観察局によって実施されたカヤンベ、ペドロ・モンカヨ、オタバロに住むカヤンビ族の先住民組織の子どもたちの状況についての調査が行われ、その結果についての発表が昨日あり、参加してきました。
この研究によると、42%の子どもたちが慢性的な栄養不足の状態にあり、幼少期の子どもたちの貧血は78%に及ぶとのことです。こういったことは貧困と地理的な高さにも結びついています。標高が高いほど栄養不足の傾向が出ています。
一方、青年の妊娠の問題は今や少女の事例も出て来ており、10才から17才の年齢で見られます。
その他にも教育、児童労働、ドラッグについても報告があり、大変に憂慮すべき現実がありました。
この調査を行ったエクアドル社会観察局のディレクターのマルガリータ・ベラスコさんとお話をする機会がありましたが、8月には最終調査の発表があるそうです。
さて、それではどうすれば良いのでしょうか?子どもたちの解決されていない問題は本当にたくさんあります。特に遠隔地(周辺地域)に。もちろんこれは当局といくつかの省庁の課題です。けれどもこの現実を前に、コムニダ(村)としてもオルタナティブの解決策を実行しなくてはならないでしょう。
あなたは私たちの子どもたちのために何をしていますか?
<写真はペシージョで撮影>


En el marco del Día internacional del niño/a, ayer asistí a la presentación de los resultados de una investigación realizada por el #Observatorio Social del Ecuador sobre la situación de los niños/as del pueblo Kayambi (Cayambe, Pedro Moncayo y Otavalo).
Según el estudio el 42% de los niños/as del pueblo Kayambi tiene #desnutrición_crónica, existe un porcentaje de #anemia que llega al 78% de la población infantil. Por otro lado los #embarazos_adolescentes que ahora se presentan casos en niñas y adolescentes desde los 10 a 17 años de edad.
Todo esto relacionado también con los niveles de pobreza y altura geográfica, a mayor altura, mayor desnutrición.
También se dieron a conocer otros datos sobre educación, salud, trabajo infantil, consumo de drogas, entre otras y la verdad son cifras muy alarmantes.
Pude conversar con Margarita Velasco, directora del Observatorio Social del Ecuador, quien hizo la investigación y espera que para agosto se publiquen los resultados definitivos.
Y entonces? Hay muuucho en deuda para con los niños/as especialmente de los sectores más invisibilizados. Obviamente, podemos decir es una tarea de autoridades, y algunos ministerios pero mientras eso sucede, como comunidad debemos crear alternativas de solución a esta realidad. Qué estás haciendo tú por "NUESTROS NIÑOS"?
Fotografía: Tomada en Pesillo.

2017年4月23日日曜日

持続可能な社会をめざして、           飯能からエクアドルへ!         女たちは語る


5月21日(日)午前10時〜12時

場所:飯能市 ぽかぽかキャリアアカデミー
 (電車の方は駅までお迎えの車が参ります。ご予約ください。)
参加費:500円(コーヒー付)
一緒にお食事を!
会の後、杉田代表が出張でエクアドルから持って来たおいしいキヌアを使った食事を食べながら楽しく交流を!1000
    (食事をご希望の方もご予約ください)

みなさんは国連の持続可能な開発目標(SDGs)をご存知でしょうか?平和で包括的な社会を推進し、より良い仕事を作り出し、気候変動をはじめとする現代の環境課題に取り組むものとして『先進国』も含めた私たちみんなで課題に取り組もうというものです。
 今、SANEのある飯能でも、興味深い活動が繰り広げられています。中でも元気な女性たちが面白い!今回のエクアドルの子どものための友人の会SANE総会イベントは、飯能周辺で活躍する女性たちが集まって姦しく(笑)、はつらつとトークを繰り広げます!そう、Act Locally の中からThink Globally が産まれる?それともThink Globally からAct Locallyは始まる?もちろん男性の参加大歓迎です。みんなで話しましょう!

 <ゲストスピーカー>
 佐藤智恵美:にこにこハウスを立ち上げ、ついでにサネを支援?
       福祉の世界で明るく活躍。
 和田芽衣:写真家。難病の娘さんを持つ。まだ幼い娘三人をつれ
      モロッコへ!
 小室舞:小室クリニックの奥さんで広報担当。MBAの持ち主です。
     ご夫妻の描く地域診療とは。
 杉田優子:SANE代表理事も入って楽しく語ります。

2017年3月21日火曜日

SANE、SOJAE奨学生事業(カヤンベ)


 今回の出張ではキトとカヤンベの奨学生に活動の様子を見せてもらい、一人一人に話を聞かせてもらったあと、保護者との懇談も行いました。
奨学生プログラムもキトとカヤンベではかなり違いがあります。キトは首都であり、対象地域がかなり広いことや、経済的に困難な子どもたちではあっても都会に住んでいるのに比べ、人口が8万人ほどのカヤンベは地域との結びつきがあること、農業地域であることといった背景の違いがあります。従って奨学生の選考の基準や毎月の奨学生講座のあり方にも違いがあります。

カヤンベの奨学生は現在18人います。奨学生たちに将来何になりたいのかと聞くと、警察官になりたいという答えが多く返ってきました。その理由は短い期間で働けるようになり、給料も良いからだろうと奨学生担当のダーウィンは言います。経済的に困難を抱えた家庭の子どもが多いことが大きな理由になっています。実際には警察官になる道も競争が激しく、希望が叶えられる確率は低いものがあると同時に、彼らにとってそれが一番良い道なのかどうか、その選択肢しか見えていないことに不安がよぎります。
奨学生事業は、公正な社会、豊かな社会を築く主体になってほしいという願いから行われているのですが、具体的にはどうなってほしいという期待が私たちにあるのでしょうか。警察官になりたいという子どもたちを前に少し考えてしまいました。
カヤンベは豊かな農業地域です。中心地は大きなバラの農園のビニールハウスが多くを占め、多くの人が農園で働くことで収入を得ています。その影で農業は縮小し、伝統作物も消えつつあります。自給自足に近い生活をしていた頃と比べて、現金を得ることが重要になった結果食生活がかえって貧困になっているのが現状です。農業=貧困というイメージが強く、農業の大切さが顧みられることはほとんどありません。教育の機会を得ることが農業から抜け出す一つの手段となっています。奨学生プログラムの現実もそうなってしまっていないか?それで良いのか?という一つの疑問がわき上がってきます。
一方で、カヤンベ支部は学校菜園に取り組み、伝統農業の回復、それによる子どもたちの栄養改善を目指しています。それでいながら奨学生事業はその逆の方向に行っているのではないのか、この点について出張の中で現地スタッフと議論をする機会を得ました。ボランティアスタッフの一人のアンドレアは栃木県にあるアジア学院で9か月の農村リーダー研修を受けました。その中でアンドレアは農業の大切さを理解し、農業国である自分の国に大きな自信を持ちました。しかし一方で、農民たちの経済状況は劣悪です。作物の値段は安く働いても働いてもその見返りは期待できない仕組みになっています。奨学生担当のダーウィンは自分の経験からも、奨学生の親たちの大変さを見てきた経験からも、この国で農業をやれとはいえないと言います。
奨学生に農業を生業にするべきだと言うことはできません。でも少なくとも彼らに農業の大切さを理解し、今の社会の仕組みの問題点を知り、どうして行けば良いのか考える機会を持ってほしい。日本でも若者たちが大学を出ながらも農業に意味を見いだし、取り組む例が出てきている、そしてそれを支えようとする市民社会が形成されてきていると話をしました。それは遠い理想の姿かもしれませんが、そうだとしても忘れてはいけない方向性だと考えるからです。
議論の末に、今後のカヤンベの奨学生講座のテーマに農業を掲げることになりました。理想と現実の狭間で若者たちに何を伝えるのか難しい取り組みですが、実際にこの分野で努力を続けている現地の方々を講師に迎えて、学校菜園の現場にも出向いたりして奨学生に新しい視点を育ててほしいと願っています。同時に、進路選択の多様な可能性についても多くの卒業生の経験を知らせることで伝えていってほしいものです。

写真は上から、奨学生との交流、保護者との懇談の様子です。