2021年10月11日月曜日

エクアドルバザールin 小諸

 

10月9日は長野県小諸市のチッタスローという素敵なカフェのイベントスペースで、久々のエクアドルバザールを行いました。会場にはカラフルで可愛い小物たちやTシャツ、アルパカ製品、森林栽培の有機コーヒーなどなどがずらっと並びました。これらの商品は、SANE(サネ)の活動地域であるエクアドル、カヤンベ市のお隣にあるオタバロという、よく知られた先住民市場から直接仕入れたものです。中には、こちらからこういうものが欲しいと注文をして作ってもらったものもありま
す。サネの会員さんが埼玉県はもとより、栃木県、山梨県、千葉県などからもきてくださり、会員交流会にもなりました。また、カフェは満員で、入れない方もおられるほどでした。ランチの後で寄ってくださる方々も。
右の写真のネックレスは象牙椰子の実でできています。よく見ると年輪のような模様がついています。自然素材でできているのです。ふやふやの商品は自然素材のものが多いのが特徴です。
お庭では素敵な演奏が。下仁田と埼玉から駆けつけてくださったお二人が素敵な歌を聞かせてくださいました。忌野清志郎さんを彷彿とさせるようなハスキーボイスで、ご自身で作った聴かせる歌詞の歌がとってもよかったです。ありがとうございました!   
              


2021年9月25日土曜日

子ども達の絵で作ったポスター完成!

食料となる作物を育て
より良い栄養と
質の良い教育を!

 

卒業生から感謝の手紙が届きました 4

SOJAEとSANEの皆さまへ


すべてのメンバーの皆さまへ、心を込めてご挨拶申し上げます。
始めに、SOJAE、SANEの皆さまへ、私の学生生活の期間、ご支援下さったことを感謝します。おかげさまで、高卒の資格を得ることができました。
高校を卒業すること、高卒の資格を取ること、という私の人生の中の一つの目標を達成することができました。SOJAE、SANEの皆さまにお礼を申し上げます。
SOJAEから離れるのは、奨学生として寂しいことです。スタッフや他の奨学生と、おもしろくて楽しい、そして深く考えるときを長いこと一緒に過ごしてきました。
SOJAEの奨学生であった期間、大切なことを多く学びました。それらの中に、連帯の重要性があります。本当に勉強したいと望んでいるけれども、経済的に難しい立場の人々をSOJAEが支援、サポートしているのだと。
奨学生となった時から、とてもすばらしい経験を、他の奨学生やSOJAEのメンバーと分かち合ってきました。
学生時代のSOJAEからの無条件の支援に感謝します。
SOJAEはいつまでも私の中で最も美しい思い出でありつづけるでしょう。いつか私もSOJAEを通じて、勉強を本当に必要とし、経済的に厳しい状況にある学生たちを支援したいと思います。
深い感謝の気持ちを込めて、お別れの挨拶をいたします。皆さまのご成功と神のご加護を祈ります。
SOJAE、SANEのメンバーの皆さまに、神の祝福がありますように。

パオラ

2021年9月24日金曜日

卒業生から感謝の手紙が届きました 3

SANEの皆様へ


 この厳しい状況のなかで、僕たちを支援してくれたことにSANEの皆様には心から感謝をしたいです。僕たち家族の状況に対して親切にしてくれたこと、心配してくれたことは僕たちにとても伝わっています。この悲しい時期のなかでも、僕たちに与えてくれた愛や支援を感じることができます。
以前はお金がなければ、夢は叶えられないと思っていました。これは非常に大きな間違いでした!周りの人にも信じてもらえれば夢は叶います。僕の場合はSANEがそうして僕の夢や家族を経済的に支援してくれました。
僕はいつも挑戦してみたいと思っていました。アイデアは重要ですが、投資することも重要です。僕自身や僕のやることを信じてくれた家族に感謝しています。そして経済的支援もとても助けになりました。よりよい方法で学べることで最善を尽くすことができたし、家族にとっても助けになりました。
コロナウイルスの感染は皆に大きな打撃を与えました。しかしSANEのおかげで、家族や勉強で起こった問題を解決することができました。この支援を絶対に忘れないし、これからも永遠に感謝し続けます。
僕たち家族に与えてくれたSANEの支援にこれからも感謝し続けるでしょう。この支援はただ成績を向上させるだけでなく、夢見る若者が、心の中にある願いを叶えるために準備し学び続けさせてくれるものです。SANEが僕たちに与えてくれたのは、こうした無条件の支援です。
 厳しい経済状況のなかにあった家族や僕の勉強を助けてくれて、ありがとうございます。僕たちは教育を通して、社会平等のために変化し発展していくことに貢献することを確信しています。SANEの支援は僕たちにとってとても大切なものです!
 僕たち家族からもSANEの寛大さに心から感謝の気持ちを伝えます。僕たちが学びの場において努力し続けるために、SANEの支援は大きな励みになったことを忘れないでください。

パブロ

2021年9月23日木曜日

卒業生から感謝の手紙が届きました 2

SANEの皆さまへ


SANEの皆さま、奨学生ヘルマン(仮名)からの真心のこもったご挨拶をお受け取り下さい。SANEの会員お一人おひとりの活動の成功をお祈り申し上げます。この手紙を通して、数年間のご支援に深くお礼を申し上げます。勉強をやり遂げるために、私にとって大変大事な支援でした。
こうして教養を身につけることができました。皆さんのご支援に感謝します。皆さまに神のご加護がありますように。経済力がない若者たちへの支援をどうか続けてください。SANEのメンバーの一人であったことを私は大変うれしく思っています。SANEは私にとって、一つの大きな家族でした。
すべてのご支援に心からお礼を申し上げます。SANEのお一人おひとりに本当に感謝しています。神が皆さまに大きな祝福を与え、SANEがそれによってますます大きく発展しますように。素晴らしい家族の皆さま、ありがとうございました。

ヘルマン